よだれつわりというつわりの種類は、あまり聞き慣れないものです。ただ、後々そういえば唾液が良く出る気がしたかも、という人はいるかもしれません。しかし、中にはこのよだれつわりで非常に苦しむ人もいます。そんな珍しいよだれつわりに、何か良い対策はないものでしょうか。

空のペットボトルを持ち歩く

よだれつわりが酷くなると、出てくる唾液の量がティッシュなどでぬぐえる量を超えてきます。
そこで、空のペットボトルを持ち歩き、そこに唾液を捨てるようにしてみましょう。
ペットボトルカバーをつければ、よだれつわりの対策をしているようには見えず、ただ飲み物を飲んでいるように見えますし、周りを気にする事なく唾液を捨てる事が出来ます。
仕事で外出が多い人には、かなり助かる対策です。

鍼灸治療

どうしてもよだれつわりが重症化して、どうにもならないという人には鍼灸治療の対策をお勧めします。
妊娠している事に加えて、何か他にも原因がある場合も有ります。
そんな原因を調べてもらい、効くツボを刺激して治療してもらいます。
中には劇的に症状が良くなった、という人もいるので、一つの対策として鍼灸院に相談してみると良いでしょう。

アメとガムで紛らわせる

よだれつわりは、自分の唾液の味が気になって気分が悪くなるという場合があります。
そこで、少しでも唾液の味を紛らわせる為に、飴やガムで対策してみましょう。
職場で周りの理解を得られるならば、気分が悪くなったらいつでも口に入れられるように、かばんに携帯しておくと安心ですね。

歯磨きやうがいをする

よだれつわりの特徴として、唾液がねばねばして気持ち悪くなる事があります。
非常に不快感がありますので、そういう時はうがいをしたり歯磨きをする対策で口の中をスッキリさせましょう。
携帯用リステリンを持ち歩けば、外出先でもトイレで口をゆすぐ事が出来て、よだれつわりの対策になります。

珍しいつわりの種類なので、理解されにくい事もあるかもしれません。
周りに、よだれつわりの辛さを伝えておくのも、一つの対策です。
そして、よだれつわりが酷い人は、脱水症状に注意しましょう。